参宮橋

2012年8月 6日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~vol.4

佐々木です。
「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週は「参宮橋編」の最終回をお送りします。
前回はとあるお寿司屋のメニューをいじり倒したところまででした。

続いての写真はこちら。


「TERU corporation」。

こんな会社もあっていいと思うのです。

J-POPの好きな私は、すぐにGLAYを思い浮かべました。
TAKUROを置いて一人で起業するTERU。

まさかね、と、半信半疑でHPを調べてみたところ、
案の定、不動産の仲介業をやっている会社でした。

「TERU」の社長さんからのごあいさつです。
http://teru-c.com/message.html

GLAYのにおいが一つもしませんでした。

そして「参宮橋編」最後の写真はこちら。


なぜ黒のマネキンにこんな暗い色のパーカーを着せるのだ。

店の前を通り過ぎようとしてびっくりしたのでぱしゃり。

店の前のマネキンというのは、
なかなか個性があって面白いものですが、
それはあくまで目立っているからというもの。

このお店が夜までやっているのかはわかりませんが、
夕方でも結構驚きそう。

けど、よくよく見るとこのマネキン、

上半身はパーカーを着ていますが、
下半身は丸裸なんですよね。

さてさて、「参宮橋編」はこれでおしまいです。
次回はどこをぶらつきましょうか。

来週もお楽しみに。

2012年7月30日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~vol.3

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も先週に引き続き「参宮橋編」をお送りします。
前回は「アオタノリコ」さんを紹介したところまででした。

本日はメニュー特集です。
こちらのお店のメニューをいじっていきたいと思います。


いちおう店名は隠します。
参宮橋にある、とあるお寿司屋さんのようです。

こちらメニューとなっています。


うーむ、さすがお寿司屋さん。
金額別にいろんなネタが豊富ですね。

さて、安いメニューから見ていきましょう。


60円で「自家製いなり」が食べられるなんてお得ですね。

さて、気になるメニューですが、
130円の「たらこ胡麻」もなかなかないメニューなので気になるのですが、
何よりその隣にある「アロエベラ」。

え、「アロエベラ」ってもしかしてあの「アロエ」のことですか?

画像を探してみました。
こちらが「アロエベラ」です。


これがお寿司になって来るんですか!?

え、普通にシャリの上に乗るのか、巻物なのか、それとも軍艦でくるのか。

しかも「自家製いなり」より高いわけですから、
この「アロエベラ」がどんなものなのか、非常にもやもやします。

続いては「180円」のメニューにいきましょう。


「本マグロ赤身」と「青柳貝」の頭に、
別に「生」をつけなくてもいいような気がします。

もうお寿司なのはわかってるんだから、「生」って。

じゃあ「生」のついてないネタは「生」じゃないのかというと違うし、
ある意味これは「生ビール」的な「生」なのかもしれませんね。

さらにさらにいじっていきましょう。
続いては「400円」のメニュー。


急に値段が「外税」になりました。

そして「車海老躍り食い」が600円に値上がりしたのですが、
メニューの看板を書き換えるだけの予算がなかったようです。

「外税」についても値段の変更についても、手書きになっています。

結局、あとはお店に入ってから決めてくださいよってことですね。

さてさて、今日は一つのお店をいじりましたが、
いよいよ次回で「参宮橋編」はおしまいです。

来週もお楽しみに。

2012年7月23日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~vol.2

佐々木です。
「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週も前回に引き続き「参宮橋編」をお送りします。
先週は途中で説明をあきらめてしまったメニューを紹介したところまででした。

続いての写真はこちら。


「代々木ポニー公園」のマークです。

「ぽっ、と一息・・・。」

「ぽっ」というのはなかなか一息できなさそうな一言ですね。

ポニーが何かエサのようなものを背負っていますが、
これはおそらく「ハート」、愛情ってことですね。

このカゴについている「ぽ」も「ポニー」の「ぽ」だと思いますが、
ひらがなで「ぽ」と書くのはかわいさアピールなんでしょうか。

続いても同じ「ポニー公園」の写真です。


ちょっとガラスに外の景色が写ってしまい、見づらいですが、
「青田さん」とあります。

しかもその上には「Miss Drum Aota」?
気になるので拡大して改めて写真を撮りました。


また、景色が写ってしまってますが・・・。

「品種:ドラムリンガー」とありますが、この「ドラムリンガー」、
ググっても出てこないのです。

「ドラムリンガー」が何かはわかりませんが、とりあえず「ひとこと」を読んでみましょう。

気になる一文がさっそく最初の行に。
「青田乗り子さん」!?
なぜ、この時期にその名前を文字る!?

これはぜひ代々木ポニー公園にて、本物を確かめるほかなさそうです。

さてさて次回も「参宮橋編」をお送りします。
来週もお楽しみに。

2012年7月16日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週からは「参宮橋編」をお送りします。

佐々木個人としては、
2012年4月に脚本提供をさせていただいた、
ファルス"チャレンジ"シアターの公演が行われた劇場がある場所でもあります。

駅前の写真はこちら。


改札が1つあり、細い道が横切っています。

さて、さっそく一枚目の写真、まいりましょう。
こちら。


「犬を勝手にフェンスに結ぶのは、ご遠慮下さい。」
「見つけ次第、警察を呼びます。」

警察は呼ぶだけかいっ!

例えばホントに警察に結んでいるのが見つかった場合、
こういうのは何の罪に問われるのでしょう。

不法侵入罪?それとも不法投棄?

警察が来たところで、
「あの、犬が勝手に結ばれてるんですけど」と伝えても、
警察は対応しようがないように思えるのは僕だけでしょうか。

でもここまで脅かさなきゃいけないくらい、
ここには犬をつなぐ人が多い事実というのもすごいですね。

続いての写真は2枚つづり。
中華料理屋のメニューになります。


中国語のメニューに丁寧に日本語の解説がついています。

真ん中にある「パイコーメン」というのも聞いたことがありそうですが、
「豚ロースのかけつゆそば」と説明してくれています。

しっかりしたメニューなのですが、2枚目。


丼ものになった途端、あきらめました。

まぁ確かに「ホイコーロー」はそのままでも通じるとは思うのですが、
前の写真に比べて、明らかにあきらめた感が強いです。

右上のメニューなんて、
「チン・チャウ・ニョローどん」ともう何なのか判別がつきません。

さっきのやさしさはどこに行ったのでしょうか。

ということで来週もまた「参宮橋編」をお送りします。
お楽しみに。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ