池ノ上

2011年3月28日 (月)

もやもやパセリス~池ノ上編~vol.3

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週も「池ノ上編」の最終回になります。
前回は矢印のたくさんあってわけわかんない張り紙を見つけたところまででした。

さて、最終回は写真3連発でいきましょう。
まず1枚目はこちら。


おそらく産地の表記を間違えてしまったのでしょうか。
都道府県名が入るところがキレイに塗りつぶされています。

おすすめ品なのに、手書きになってしまったんですね。

続いてはこちら。


同じ都道府県名を間違えてしまったのでしょう。

今度は塗りつぶされているのではなく、
うっすらと「茨城県産」が浮かんでいます。

※この写真の撮影日は2011年1月のものです。

「鹿児島県産」を「茨城県産」と間違えるなんて。
地方だけいってもだいぶ違うことになっています。

そして最後はこちら。


もう塗りつぶすのに疲れてしまったんでしょうか。

ついに二本線で消すだけで、
ばっちり「北海道産」が見えてしまっています。

ちょっと産地偽装は問題ですよ。
まぁ、その訂正分が合ってれば全然問題ないのですが。

しかも2枚目もそうですが「広告の品」って。
広告がどんなことになっていたのかも気になります。

「池ノ上編」はこれにて終了です。
次回はどこをぶらつきましょうか。

2011年3月21日 (月)

もやもやパセリス~池の上編~vol.2

佐々木です。
今週より「もやもやパセリス」の更新を再開したいと思います。

再び、「街」というものに目を向けていきましょう。
本日は先々週に引き続き「池ノ上編」をお送りします。

前回は番組でも取り上げられた「食べられるラー油」を見つけたところまででした。

続いてはこちら。


世田谷区の広報板です。

僕は知らなかったのですが、
世田谷区は「ヒューマン都市」を目指していたそうです。

「ヒューマン都市」ってなんでしょうか?

「ヒューマン(HUMAN)」の意味を調べると、
「人間」・「人間らしい」・「人道的な」という意味になります。

そういう都市ということでしょう。
世田谷区はヒューマン都市を目指しています。

続いてはこちら。


こんなに矢印必要でしょうか。

VHSがVHSになってたり、
真ん中の交差する矢印がなんかごちゃっとしてたり、
あぁもう、一本大きい矢印でよかったのにっ!

なんでもVHSやDVDにできますよ、ってことだったのでしょうが、
どこかごちゃごちゃになってしまってる感が強くなっています。

さて、来週も「池ノ上編」をお送りします。
お楽しみに。

2011年3月 7日 (月)

もやもやパセリス~池ノ上編~

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

昨日の「モヤモヤさまぁ~ず」を見たら、
2011年1月度の「ギャラクシー賞」を取ったとのことで、
こっちもよりいっそう手を抜けないなと勝手に思ってます。

さて、今回は京王井の頭線下北沢のとなり、「池ノ上編」をお送りします。

駅前の風景はこちら。


出口を出たらすぐ線路です。
写真の手前側をがしがし歩いていこうと思います。

と、とあるお店を見つけました。
1枚目の写真。


「34年の営業とイタリアンパワーのコラボレーション」

何がどうコラボしてるのかがよく分かりません。

「イタリアンパワー」ってなんだろうと。

「34年の営業」実績と「イタリアンパワー」が、
どう結びつく形で料理に生まれてきているんでしょうか。

料理がなんとも楽しみになります。

続いてはこちら。


出ました。

これが「モヤモヤさまぁ~ず 代々木上原編」にて登場した、
「食べられるラー油」です。

実はこの写真の撮影日は放送日より早かったのですが、
写真の通り、「テレビでも取り上げられ」と書いてあるので、
おそらく撮影日の方が早かったのでしょう。悔しい限り。

ただ、せっかくテレビで取り上げられたんだから、
「取り上げられました」ぐらいまで書きましょうよ、なんとか。

変なところで文章折り曲がっちゃったし。

そして「食べられるラー油」って、
別に「食べられないラー油」が存在しそうです。

さてさて、次回も「池ノ上編」をお送りします。
お楽しみに。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ