明石

2010年12月 6日 (月)

もやもやパセリス~明石編~vol.3

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も兵庫県「明石編」の最終回です。
前回は韓国料理の説明を丁寧にしてくれるお店を見つけたところまででした。

さて、一枚目はこちら。


「国産タバコ売場:マイルドセブン」。

別に売り場がマイルドセブンってことではないです。
まぁ、マイルドセブンを買うならこちらですよという意味でしょうか。

と、隣にこんな表示があるのを見かけました。


「外国タバコ売場:ラークマイルド」。

別に売り場がラークマイルドってことはないとは思うのですが、
もっと他の銘柄もあったんじゃないかという気がします。

本来の「ラーク」なのではなく、
「ラークマイルド」を選ぶところを見ると、
よっぽど「マイルド」が気に入ってたのでしょうか。

そして「明石編」最後の一枚はこちら。


「りらっくす」。

完全なる当て字を解読しようと思うのですが、
「楽素」は「楽になる素」のような意味合いでしょうか。

それの「Re:」・・・返信?

なかなか深い意味の名前を付けたようです。
気になります。

さて、「明石編」は今回で終了です。
次回はどこをぶらつきましょうか。

2010年11月29日 (月)

もやもやパセリス~明石編~vol.2

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も先週に引き続き、兵庫県第二弾、
「明石編」をお送りいたします。

前回は、どんどん崩れるコーヒーの形を見つけたところまででした。

続いての写真はこちら。


もうなんか「もやもや」というか直球です。

隠したりとかそういうの一切気にしない。
うちはもう絶対に「セクキャバ」だと言いたい感じが、
とてつもなくひしひしと伝わってきます。

店名もとてつもなく怪しい上に、
なんでこんな名前にしたんだろう感全開ですが、
その潔さに負けました。

続いてはこちら。
とても優しさあふれるメニューです。


カッコ書き多いなー。

用語を使うだけではなく、
きっちりそれが何の料理かきちんと教えてくれています。

「チヂミ」は「韓国風お好み焼き」だそうです。
「ビビンバ」は「野菜丼」だそうです。

そして、「スジコン」は「ピリカラ」だそうです。

次回も「明石編」をお送りします。
来週もお楽しみに。

2010年11月22日 (月)

もやもやパセリス~明石編~

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回からは再び兵庫県シリーズ、
「明石編」をお送りしたいと思います。

明石焼きで有名な「明石」ですが、
どんなもやもやがあるのでしょうか。

駅前の風景はこちら。


木々の向こうには明石城があります。

まずは1枚目。
「もやもやパセリス劇場版」でもお送りしたこちらです。


どこに顔を入れるの?

アンパンマンのキャラクターに顔をはめ込む、
かどうかは分かりませんが、

少なくとも何かはめ込むにしても、
鼻のところにはめ込むのではないような気がします。

顔をはめ込んだ時が恐ろしい絵面になりそうです。

続いてはこちら。


「ホットコーヒ ¥300」。
「アイスコーニ ¥350」。

どんどん崩れていく「コーヒー」の形。
「コーヒー」⇒「コーヒ」⇒「コーニ」の進化系です。

「アイス」の「コーニ」ってなんだろうなー。

ホットコーヒより¥50高いわけですから、
アイスにした他にも何かプラスアルファがあるのでしょう。

次回も「明石編」をお送りいたします。
来週をお楽しみに。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ