池尻大橋

2010年8月30日 (月)

もやもやパセリス~池尻大橋編~vol.3

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今日は池尻大橋編の最終回というかおまけです。
前回は、最近流行りの「ちょい足し」出入口を見つけたところまででした。

おまけその1はこちら。
池尻大橋のセブンイレブンで見つけた表示。


駄菓子のコーナーにある「おすすめ」。

駄菓子のコーナーにあるのに、
「駄菓子の苦手な人にはおすすめしません」。

そもそも駄菓子の苦手な人は駄菓子のコーナーには来ないので、
蛇足的な表記に見えてしまいます。

「海が嫌いな人は海に来ないでください」と海に書いてあるような。

で、2枚目ですが、
問題の「揚げじゃが フライドチキン味」を見てみました。


いかにも「期待してなかったけど意外」感は出ていますが、
「駄菓子の苦手な人にはおすすめ」していないので、
その売り場に行くのは「駄菓子が好きな人」になるわけです。

その人たちが「意外にうまい」というだけの意外性を、
このお菓子は持っているかどうかになってきます。

まどろっこしくなりましたが、
まどろっこしい表示こそ「もやもや」だなーと。
こういうものもどんどんこれからも紹介していこうと思います。

さて、「池尻大橋編」はおしまいです。
次回はどこをぶらつきましょうか。

2010年8月23日 (月)

もやもやパセリス~池尻大橋編~vol.2

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も「池尻大橋」編をお送りします。
前回は豪華なメンツのボイトレの看板を見つけたところまででした。

続いてはこちら。2枚組です。
1枚目。


「まんまるの木」というお店のフードメニューです。

ぱっと見は普通のメニューのように見えますが、
画面の下の部分をご注意ください。
2枚目。


ん・・・?
「牛女オリジナル」・・・?

お店の名前は「まんまるの木」だし、場所は「池尻大橋」ですし・・・。
「牛女」とは何のことなのでしょうか。

もやもやします。
ちなみに牛女で思い出すのが「ミル姉さん」です。

さて、続いてはこちら。


「出入口」。

「出」のつけ足し感がハンパないです。
大きさも色も違います。

それまで「入口」としてしか使っていなかったんだけど、
なんだか人が「入口」からも出るようになったから、
結果「出入口」にすることにした、とかいうエピソードがあったり。

たぶんないと思いますけど。

さて、次回は「池尻大橋編」のおまけをお送りします。
次回もお楽しみに。

2010年8月16日 (月)

もやもやパセリス~池尻大橋編~

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

さて今回からは「池尻大橋」編をお送りします。

駅前の写真はこちら。


先日お送りした「三軒茶屋」とは町並みがやっぱり違います。
急行の止まる駅と止まらない駅の差なのでしょうか。

ではまずは一枚目。
「サラダ」カテゴリの一行目をご覧ください。


「A.B.C.サラダ」。

「BLT」なら聞いたことがあるのですが、
それは「ベーコン・レタス・トマト」の主にサンドウィッチとかで使われるし、
「ABC」も何かの略のような気がするのですが、
何にも注釈がありません。

非常に「もやもや」します。
「アップル・ベーコン・キューリ(cucumber)」とかでしょうか。

続いてはこちら。2枚組です。
ボイストレーニングの告知です。


凄いですね。
「声から若返る」というのが印象的です。

しわがれた声もなかなか僕は好きなのですが、
中にはコンプレックスに思う方もいるかもしれません。

二枚目。


・・・いやー、様々な職種の方が参加されてるようで。
「作詩家」の字が怪しいというのはちょっと置いておいて、
歯科医に弁護士まで参加しているとは豪華すぎます。

最悪ボイストレーニングから裁判も起こせるという、
素晴らしいバックアップ付きです。

ぜひトレーニングにいかがでしょうか。

次回も引き続き「池尻大橋編」をお送りします。
来週もお楽しみに。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ