練馬

2009年6月15日 (月)

もやもやパセリス~練馬編~vol.2

佐々木です。
お久しぶりの「もやもやパセリス」参りたいと思います。

さて、本日は「練馬編」の第二弾をお送りしたいと思います。
前回は地下にあるであろう「しやくしょ」を見つけたところまででした。

続いての写真はこちら。

「ワインとハーボン」。

「ハーボン」。

「バーボン」のつづりだったはずなのですが、
何の因果か「バ」の濁点が消えています。
せっかく目立つように赤字にもしたのに、
非常に残念でありません。

「ハーボン」。
何かのボスにも聞こえますがそれは「ハーゴン」です。

そして「練馬編」ラストを飾るのはこちらの写真。

「馬味留」。

舞台用語などで、よく小道具や大道具の位置などを、
舞台上にテープなどで印をつけておくことを「バミる」と言いますが、
まさかお店の名前になっているとは思いませんでした。

どういう目的でこの名前にしたのでしょうか。
しかも当て字が「馬の味を留める」。
の、割には、四季の味処ということで、
全く「馬」が出てきそうな予感がしません。

あー、ここは何の料理が出てくるのだろう。まさに「もやもや」します。

今回で「練馬編」は終了です。
次回はどこをぶらつきましょうか。

2009年6月 8日 (月)

もやもやパセリス~練馬編~

佐々木です。
稽古場日記風なものは、
佐々木のブログでご紹介することにしました。

よろしくお願いします。
--------------
さて、お芝居の宣伝もままに、
本日も「もやもやパセリス」に参りましょう。

本日は「練馬編」をお送りいたします。
練馬の駅前からの写真はこちら。

高架下のような場所からの撮影です。

まずは、こちらの写真から。
地味なゴミ捨て場の間違いです。

「ペットボトル・缶・びん」のはずが・・・。

なんか「牛」という字と「山」という字が合体したみたいになっています。

「缶」という文字より少しだけ頑強な感じがするのは、
漢字の上の部分が角みたいに見えるからでしょうか。
やっぱり牛です。

続いてはこちら。
明らかにそこにはないだろ、という写真。

明らかにそこに市役所はないだろ、と。

「しやくしょ」はあるかもしれませんが、「市役所」はたぶんないです。

丸文字の「しやくしょ」っていうのはどんなお店なのでしょうか。
上の方に「Girls' bar」があるということはもしかして・・・飲み屋さん!?

真相は闇の中です。

さて、次回も「練馬編」をお送りいたします。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ