日光東照宮

2009年9月24日 (木)

もやもやパセリス~日光東照宮編~vol.3

佐々木です。
5連休は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

「もやパセ」も少しお休みを頂きまして、
本日よりまた再開いたします。
前回から引き続き、「日光東照宮編」をお送りいたします。

続いての写真はこちら。

「食べ歩き 一口羊ぅかん」。

正しくは「羊羹」もしくは「羊かん」です。
「羊ぅかん」ではないです。

読み仮名を振ってしまうと「ようぅかん」になるわけですから、
「うぅ」をどう読むかですね。
うめき声みたいですね、「うぅ」って。

うまい読み方を皆さんも探してみてください。

さて、日光東照宮編も最後になりました。
こちらの写真。

問題です。
さて、黒く塗りつぶしてある部分には何が入るでしょうか。

・・・え、何だろう。
「かなり」とか「とても」とかでしょうか。
だったらわざわざ黒く塗りつぶす必要はないですし、
でも文章上、入るのは「副詞」しかないようにも思えます。

黒塗りのところが何だったのかは分からないままです。
これこそホントに「もやもや」する看板です。

ぜひ興味のある方は黒塗りに何が入るのか大喜利でもやってみてください。

さて、「日光東照宮編」は以上です。
ぜひ日光東照宮に行った際はどこにあったか、
確認してみるのもいいかもしれません。

次回はどこをぶらつきましょうか。

2009年9月17日 (木)

もやもやパセリス~日光東照宮編~vol.2

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」参りたいと思います。

引き続き「日光東照宮編」というピンポイントからお送りしております。
陽明門という門の説明文に突っ込んだところからでした。

本日はあの有名な「眠り猫」についてツッコみたいと思います。
まずは「陽明門」同様、説明の看板から。

引き続き、文字を追ってみてください。

さて、拡大してみましょうか。

解説。
まず右の下線部分に注目。

「転た寝」。

これ、何て読むか分かりますか?

「うたたね」、だそうです。
一つ勉強になりました。

そして左の下線部分。

「絶妙の奥義を極めている」。

なーんか、ふわっとしてますよね。
言葉はカッコイイんだけど、何か伝わらない。
凄そうなんだけど、あんまり凄くなさそう。

「奥義」って技みたいですよね。
絶妙な奥義、眠り猫!

看板を過ぎて、さぁ眠り猫が見れるところまで来たのですが、
どうやら眠り猫は、
コントローラでコマンドを入力しないと見ることができないようです。

こちら。

まず正面を長押ししてから、
上のボタンを押せば眠り猫が見れるそうです。

さぁ、皆さんプレステでもWiiでも構わないので、
コントローラを持って眠り猫を見に行きましょう。

次回も日光東照宮編をお送りします。

2009年9月14日 (月)

もやもやパセリス~日光東照宮編~

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」をお送りします。

さて、本日はなんと「日光東照宮編」をお送りします。

日光の街中ではなく、日光東照宮周辺にあった、
「もやもや」をお送りいたします。

と、まず肝心の日光東照宮自体の写真を撮り忘れてしまいました。

なので、行ったことある人もない人も、
雰囲気でとりあえずはお楽しみください。

まずはこちら。
何故か日光東照宮のそばでは、

「ニュージーランドフェア」がやってました。

実際にはそばにある有名な「金谷ホテル」がやっていたイベントのお知らせだったのですが、
重要文化財そばでのニュージーランドフェア。

なかなか「もやもや」しています。

続いてはこちら。
「陽明門」という門の説明の看板です。

とりあえず文章を読んでみましょう。

後半に注目。

「あまり結構善美を尽した門で見飽きないところから日暮里門ともいわれる。」

最初の方の文章の説明は調子が良かったのですが、
最後になって文体が崩れた感じです。
急に口語みたいな文章になりました。

問題は「あまり結構」がどういった形で名詞にかかっているかですね。

「あまり結構」善美を尽くしたのか、
「結構」善美を尽くしたから、「あまり」見飽きないのか。

通常「あまり~ない」と使われることが多いので「見飽きない」にかかるんでしょうが、
何とも不思議な文章になっております。

次回も「日光東照宮編」をお送りいたします。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ