« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

もやもやパセリス~市ヶ谷→四ツ谷編~vol.3

浅海です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

引き続き今回も「市ヶ谷~四ツ谷編」をお送りします。
前回は完全予約制じゃないと入れないエステを紹介したところまででした。

続いての写真はこちら。


「ど真剣にやってまっせ」。

いくら方言とはいえ、
「やってまっせ」と書いちゃう時点で、
「ど真剣」ではないのではないかと。

勉強不足なので「やってまっせ」の正確な意味は分からないのですが、
言い換えれば「やってます」みたいなことなんでしょうか。

なんかそう考えていくと、
「ど真剣」という言葉も本当に真剣なのか疑わしいところですね。

アピールが難しいところです。

続いての写真はこちら。


「もうしばらくお 待ちください」。

なんでそこで切っちゃったかなと。

再印刷するところをあえてこれで押し切る感じを見ると、
だいぶ突貫工事だったのかもしれませんね。

「休業中です」のあとも「。」ではなく「、」になってますし。

「もうしばらくお」、「待ちください」。
何度も言いたくなるフレーズです。

さて、来週も「市ヶ谷~四ツ谷編」です。
お楽しみに。

2013年5月20日 (月)

もやもやパセリス~市ヶ谷→四ツ谷編~vol.2

浅海です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も「市ヶ谷~四ツ谷編」をお送りします。
先週は、とある「バス」に関するお店を紹介したところまででした。

続いての写真はこちら。



これ、写真の一部を隠しているのですが、
なんて読むかわかりますか?

三角形と正方形と長方形が並んでいますが、
これはとある株式会社の名前のようなのです。

僕も最初はどう読んでいいのかわかりませんでした。

回答の写真。


なるほど。アルファベットの小文字でしたか。

多角形だけでアルファベットを表すというのは、
なかなか斬新なロゴのような気がしています。

どんなことをされてる会社かわかりませんが、
おそらくなかなかスタイリッシュな会社なんじゃないかと。

続いてはこちら。
とある路地裏にあった建物です。


建物の入り口部分に「エステティックサロン」の看板があります。

おそらく階段を下りれば、その店へと続いているのでしょう。

しかし、写真の真ん中あたりに気になる注意書きが。
拡大してみましょう。


えー。

ってことは看板のエステティックサロンは完全予約制となります。
許可を取らなくちゃいけないわけですからね。

写真を撮っている自分も「あやしい者」にならないように、
早々に撤退するとしましょう。

さて、来週も「市ヶ谷~四ツ谷編」をお送りします。
お楽しみに。

2013年5月13日 (月)

もやもやパセリス~市ヶ谷→四ツ谷編~

浅海です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回からは「市ヶ谷~四ツ谷編」をお送りします。
総武線で隣駅のこの2つの駅の周りをぶらぶらしていきます。

まずは市ヶ谷駅前の写真はこちら。


ぶらぶらした日の天気は素敵な晴れの日でした。

さて、今回は素敵なお店のご紹介。

前に「居酒屋」が「居座加家」になっているお店を紹介しましたが、
こんな名前のお店もありました。


「途中下車 場巣亭」。

まさか「バス停」が当て字になっているなんて。

「バス」を「場巣」としているところを見ると、
「バス」は関係なさそうです。

「場」や「巣」などを見ると、「居座加家」のように、
家の感じだったり、「帰るところ」みたいな意味なんでしょうか。

それに加えて「途中下車」という、
「寄っていく場所」みたいな雰囲気も忘れていません。

ちなみにこのお店の前にはこんな注意書きが。


ぜひ皆さん、シラフで行ってみてください。

ってか、トップの役職は「社長」なんですね。

来週も「市ヶ谷~四ツ谷編」をお送りします。
お楽しみに。

2013年5月 6日 (月)

もやもやパセリス~新小岩編~vol.6

浅海です。

更新が遅れましたが、
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

いよいよ今週で「新小岩編」の最終回となります。
一つの街に久々にこれだけ時間をかけました。
前回は、大流行の「ジャージー」を紹介したところまででした。

続いての写真はこちら。


お店の前に貼ってありました。
戸袋なんてどこにあるんだ。

おそらく店主がバスが好きで貼ったものだと思われますが、
なかなか京成バスのものを手に入れたなんて、
なかなかのこだわりがあります。

しかもそれによってメニューが見えにくくなっているし。
ぜひこのお店に行く際はドアにご注意ください。

さて、「新小岩編」最後の写真です。


おそらくスナックであろうというお店の看板。

この看板だけじゃ何のお店か分からないところがいいですね。
しかも「アイドル」って。

おそらくアイドルの「五城」さんという方のお店なんでしょうか。

だとしても分からないのが一番下の「RUNNER」。

「五城」の英訳を「RUNNER」にしているのか、
それともアイドル以外にも「RUNNER」としての何かを持ってるのか、
謎が謎を呼ぶ、看板です。

興味のある方はぜひお店に行ってみてください。

謎を呼んだところで「新小岩編」は終了です。
次回はどこをぶらつきましょうか。

お楽しみに。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ