« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

もやもやパセリス~中野坂上編~vol.2

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も前回に引き続き「中野坂上編」をお送りします。
先週は「移動しましました」を紹介したところまででした。

続いての写真はこちら。


「色々野菜のサラダ」。

いや、確かに一個ずつ野菜を挙げていくわけにはいかないけども。
ざっくりしすぎて逆に何が入ってるのか怖くなるサラダです。

「色々」とメニューに書くだけあって、
確かに彩りは鮮やかです。

続いてはこちら。
同じくメニュー系の写真。


上の方にある「クラッシック!」も若干読み方として気になりますが、

さらに気になるのは「Special 時々カレー!」。

「店長の気まぐれメニュー」以来の気まぐれメニューの登場です。

しかも「気まぐれ」ではなく「時々」という、
本当に期間とか決まってないんだろうなというのが、
よりわかりやすくなっている言葉のチョイスです。

ちなみに撮影した際の「時々カレー」は「ポークカレー」。
めっちゃ普通のカレーも、このお店では時々なのです。

来週も「中野坂上編」をお送りします。
お楽しみに!

2012年10月22日 (月)

もやもやパセリス~中野坂上編~

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回からは「中野坂上編」をお送りします。

丸ノ内線の分かれ道の基点となる中野坂上には、
果たしてどんな「もやもや」があるのでしょうか。

駅前の写真はこちら。


青梅街道と山手通りがぶつかる場所です。
車を運転する人には結構有名な場所ですね。

さて、まずは2枚の写真からご紹介しましょう。

最初はこちら。


わらで作った「マイケル・ジャクソン」です。

いやー、よく作られてるなーとは思うんですが、
これを「マイケル・ジャクソン」とするには無理があるだろうと。

正面から見た写真はこちらです。


完全に胸にポスターが貼られています。

「マイケル・ジャクソン」も宣伝広告となっています。

雰囲気はわからないでもないですが、顔が長すぎるため、
結果、4頭身ぐらいになってしまっています。

もっと精巧なものに期待です。

続いての写真はこちら。


「移動しましました。」

なぜ気づかずに印刷しちゃったんだって感じですよね。

ちょっと前までははこれが貼られたコーンが、
15本ぐらい駅前にありました。

それくらい数があるともう名物みたいになりますね。

今は訂正されてしまっているのですが、
それもちょっと寂しい話だったりします。

来週も「中野坂上編」をお送りします。
お楽しみに。

2012年10月15日 (月)

もやもやパセリス~水道橋編~vol.3

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も先週に引き続き「水道橋編」です。
前回は「のばし棒シリーズ」をお送りしたところまででした。

続いての写真はこちら。


「マナーから、ルールへ。そしてマナーへ」

どういうことでしょうか。

おそらくですが、
最初はみんなが気を付けること(マナー)によって、
規則(ルール)ができ、いずれは規則とは関係なく、
みんなが意識して気を付けるよう(マナー)になる、ということなんでしょうが、

マナーがルールになって、またマナーになるんであれば、
一度ルールは経なくてもいいのでは?なんて思ってしまうのです。

あまりルールにはしたくないけどね、という優しさは垣間見えますけども。

さて、「水道橋編」も最後の写真となりました。こちら。


左端に少し切れてしまっていますが「治療スタッフ」紹介です。
いちおう個人情報のなんやらで名前は隠します。

こういう治療にも「得意とする分野」みたいなものがあるんですね。
なるほどなるほどと思いながら下の方へ読んでいきます。

と、気になる文章がありました。


「治療に慣れることなく、日々新鮮な気持ちで」。

いや、治療には慣れて欲しいんですよね。

確かに馴れ合いになるのはよくないとは思うんですけど、
やっぱり治療スタッフにはプロフェッショナルでいて欲しいんです。

までも「初心忘るべからず」ということで、
スタッフの方としては非常に信用できそうですね。

さて、「水道橋編」はこれでおしまいです。
次回はどこをぶらつきましょうか。

来週もお楽しみに。

2012年10月 8日 (月)

もやもやパセリス~水道橋編~vol.2

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回は「水道橋編」の第二弾です。
先週は駐車禁止シリーズをお送りしたところまででした。

今回の2枚は「のばし棒シリーズ」をお送りします。

続いての写真です。


美容院か何かの看板でしょうか。

まつげパーマはわかりますが、
「コンセランスラックス」がわかりません。

文脈からすると、脚のむくみなどを取ってくれる機械か何かでしょうか。
まつげパーマをしながら脚のむくみを取るサービスのようですが・・・。

・・・ん?最後の一行。

ブーツが「スッーとはけます!」。

「スッー」というのはどういう状況のことでしょうか。

「スーッ」ではなく、「スッー」。
最初に一瞬「スッ」と履けてから、「スーー」と履けることなのでしょうか。

擬音はなかなか難しいです。

続いての写真はこちら。


「本日のサビース」。

「サービス」ではなくて「サビース」です。

いや、もう「サ」が「くさかんむり」みたいになっていて、
漢字の一部のようにも見えます。

「本日の」ということなので、
明日また書き直す時は、きちんと「サービス」に直っていることを祈ります。

来週も「水道橋編」をお送りします。
お楽しみに。

2012年10月 1日 (月)

もやもやパセリス~水道橋編~

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回からは「水道橋編」をお送りします。

東京ドームがそばにある「水道橋」。
そこにはどんな「もやもや」が隠されているのでしょうか。

駅前の写真です。


右側に写るエクセルシオールの裏に東京ドームが控えています。

さて今週は「駐車禁止」シリーズです。

まずはこちらの写真から。


「無断駐車は断固たる処置を取ります」

こういう注意書き、結構あると思うんですが、
もっと具体的に書いていいと思うんですよね。

「断固たる処置」って何?と。

むしろ「レッカーで移動して、車がどこに行ったか教えません」、
とか書かれていたらより怖い。

どうも「断固たる処置」に本気度が伝わってこないので一枚パシャリ。

そういえば昔「下北沢編」で、自転車に対してですが、
「無断駐車を見つけ次第、公道に出します」。
というのがあったのを思い出しました。

続いての写真はこちら。


何を止めちゃいけないんだろうなぁ。

下手したら大喜利みたいになって、
落書きされないか心配です。

にしても驚きなのは、
「駐車禁止」と書いてある黒字と、

おそらく何か重要な意味合いで書かれた抜けている文字とで、
成分が違うということですね。

雨風に耐えられる黒字と、雨風に耐えられない色文字。
逆のような気もするのですが。

来週も「水道橋編」をお送りします。
お楽しみに。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ