« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~vol.3

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も先週に引き続き「参宮橋編」をお送りします。
前回は「アオタノリコ」さんを紹介したところまででした。

本日はメニュー特集です。
こちらのお店のメニューをいじっていきたいと思います。


いちおう店名は隠します。
参宮橋にある、とあるお寿司屋さんのようです。

こちらメニューとなっています。


うーむ、さすがお寿司屋さん。
金額別にいろんなネタが豊富ですね。

さて、安いメニューから見ていきましょう。


60円で「自家製いなり」が食べられるなんてお得ですね。

さて、気になるメニューですが、
130円の「たらこ胡麻」もなかなかないメニューなので気になるのですが、
何よりその隣にある「アロエベラ」。

え、「アロエベラ」ってもしかしてあの「アロエ」のことですか?

画像を探してみました。
こちらが「アロエベラ」です。


これがお寿司になって来るんですか!?

え、普通にシャリの上に乗るのか、巻物なのか、それとも軍艦でくるのか。

しかも「自家製いなり」より高いわけですから、
この「アロエベラ」がどんなものなのか、非常にもやもやします。

続いては「180円」のメニューにいきましょう。


「本マグロ赤身」と「青柳貝」の頭に、
別に「生」をつけなくてもいいような気がします。

もうお寿司なのはわかってるんだから、「生」って。

じゃあ「生」のついてないネタは「生」じゃないのかというと違うし、
ある意味これは「生ビール」的な「生」なのかもしれませんね。

さらにさらにいじっていきましょう。
続いては「400円」のメニュー。


急に値段が「外税」になりました。

そして「車海老躍り食い」が600円に値上がりしたのですが、
メニューの看板を書き換えるだけの予算がなかったようです。

「外税」についても値段の変更についても、手書きになっています。

結局、あとはお店に入ってから決めてくださいよってことですね。

さてさて、今日は一つのお店をいじりましたが、
いよいよ次回で「参宮橋編」はおしまいです。

来週もお楽しみに。

2012年7月23日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~vol.2

佐々木です。
「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週も前回に引き続き「参宮橋編」をお送りします。
先週は途中で説明をあきらめてしまったメニューを紹介したところまででした。

続いての写真はこちら。


「代々木ポニー公園」のマークです。

「ぽっ、と一息・・・。」

「ぽっ」というのはなかなか一息できなさそうな一言ですね。

ポニーが何かエサのようなものを背負っていますが、
これはおそらく「ハート」、愛情ってことですね。

このカゴについている「ぽ」も「ポニー」の「ぽ」だと思いますが、
ひらがなで「ぽ」と書くのはかわいさアピールなんでしょうか。

続いても同じ「ポニー公園」の写真です。


ちょっとガラスに外の景色が写ってしまい、見づらいですが、
「青田さん」とあります。

しかもその上には「Miss Drum Aota」?
気になるので拡大して改めて写真を撮りました。


また、景色が写ってしまってますが・・・。

「品種:ドラムリンガー」とありますが、この「ドラムリンガー」、
ググっても出てこないのです。

「ドラムリンガー」が何かはわかりませんが、とりあえず「ひとこと」を読んでみましょう。

気になる一文がさっそく最初の行に。
「青田乗り子さん」!?
なぜ、この時期にその名前を文字る!?

これはぜひ代々木ポニー公園にて、本物を確かめるほかなさそうです。

さてさて次回も「参宮橋編」をお送りします。
来週もお楽しみに。

2012年7月16日 (月)

もやもやパセリス~参宮橋編~

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週からは「参宮橋編」をお送りします。

佐々木個人としては、
2012年4月に脚本提供をさせていただいた、
ファルス"チャレンジ"シアターの公演が行われた劇場がある場所でもあります。

駅前の写真はこちら。


改札が1つあり、細い道が横切っています。

さて、さっそく一枚目の写真、まいりましょう。
こちら。


「犬を勝手にフェンスに結ぶのは、ご遠慮下さい。」
「見つけ次第、警察を呼びます。」

警察は呼ぶだけかいっ!

例えばホントに警察に結んでいるのが見つかった場合、
こういうのは何の罪に問われるのでしょう。

不法侵入罪?それとも不法投棄?

警察が来たところで、
「あの、犬が勝手に結ばれてるんですけど」と伝えても、
警察は対応しようがないように思えるのは僕だけでしょうか。

でもここまで脅かさなきゃいけないくらい、
ここには犬をつなぐ人が多い事実というのもすごいですね。

続いての写真は2枚つづり。
中華料理屋のメニューになります。


中国語のメニューに丁寧に日本語の解説がついています。

真ん中にある「パイコーメン」というのも聞いたことがありそうですが、
「豚ロースのかけつゆそば」と説明してくれています。

しっかりしたメニューなのですが、2枚目。


丼ものになった途端、あきらめました。

まぁ確かに「ホイコーロー」はそのままでも通じるとは思うのですが、
前の写真に比べて、明らかにあきらめた感が強いです。

右上のメニューなんて、
「チン・チャウ・ニョローどん」ともう何なのか判別がつきません。

さっきのやさしさはどこに行ったのでしょうか。

ということで来週もまた「参宮橋編」をお送りします。
お楽しみに。

2012年7月 9日 (月)

もやもやパセリス~新宿御苑前編~vol.4~

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週は「新宿御苑前編」の最終回です。
前回は「ランチサービスの謎」についてお送りしたところまででした。

今回は悲しい悲しいとあるお店のお話。

まずはこちらの写真をご覧ください。


「ドロボーへ 取る金はもう無くなった」

とあるお店の前にあった貼り紙です。

「もう無くなった」という表現から察するに、
一度ではなく、二度三度泥棒に入られてるんでしょう。

その度に隠していたお金を盗まれて、
ついにこの貼り紙を貼らざるを得なくなったんだと思います。

泥棒へのメッセージが貼ってある、なんとも斬新なお店です。

さらにはこんなものもありました。


「ドロボーへ 金は無いと言ってんダロ!!」。

さらに盗みに入られたようです。
俗に言う「カモにされてる」ってやつです。

もうカギのありかもバレてる、
お金のありかもバレてる。
あとは定期的に盗めばいいだけ。

泥棒にとっては物凄い都合のいいお店だったのでしょう。

前の写真が二度三度ならば、
この写真は四度五度盗られていることがわかるものです。

どうか泥棒さん、もう勘弁してやってください。

さてさて、これで「新宿御苑前編」はおしまいです。
来週はどこをぶらつきましょうか。

2012年7月 2日 (月)

もやもやパセリス~新宿御苑前編~vol.3

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週も引き続き「新宿御苑前編」をお送りします。
前回は最強の注意書きを見つけたところまででした。

続いての写真はこちら。
定食屋の前にあった看板です。

「泥、ペンキのついた方 御遠慮ください。」

何か悪い思い出でもあったのでしょうか?
椅子が汚れたり、机が汚れたりしたのでしょうか?

まさに門前払いというやつです。

でも、ホントはこのお店、
雨や雪が降っても結構ピリピリするような気がするのです。

雨や雪の降る道を歩いた靴は泥だらけとまではいきませんが、
結構汚れているものです。

だからそんな時はこのお店を見かけたら、そっとお店に配慮して、
入らない、ということも一つの手段かもしれません。

続いての写真、に行く前にこちら。

前々回に紹介した写真です。

ランチサービスに「おいなりさん」や「うどん」という、
炭水化物+炭水化物の定食を出すお店だったのですが、
このお店の入り口にあった看板の写真を紹介するのを忘れてました。

こちら。

左側で消してあるのは電話番号です。

営業時間をよく見てください。
「ランチサービス」と結びつかないことに気が付きませんか?

もし本当に「ランチサービス」が出ているならば、
午前中の時点でランチを出してしまっているのでしょうか。

となると、この店の営業時間は朝5時から!?

逆に営業時間が午後だった場合、もうそれは「ランチ」じゃないぞと。
「ディナー」だぞと。

不思議なお店があるものです。

来週はいよいよ「新宿御苑前編」最終回です。
お楽しみにっ!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ