« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

もやもやパセリス~越後湯沢編~vol.2

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も「越後湯沢編」をお送りします。
先週は「真っ白」なスローガンを見つけたところまででした。

続いてはこちら。


上から順に文章を読んでいきましょう。
最後の文に注目。

「貴女の食べたいものキットあるよ!」

なんか最後だけ外国人が言ってるっぽく見えます。
なぜに「きっと」を「キット」にしたのでしょうか。

「食べたいものキット」という別の意味の「キット」にも見えてきます。
序盤の方の文章は普通だったのになぁ。

いよいよ空白がなくなってテンションが上がってしまったのでしょうか。

続いての写真はこちら。


暗い写真でスイマセン。

「やるっきゃ9」。

たぶん、たぶんですけど「やるっきゃナイン」って読むと思うんです。
さすがラウンジの名前としてはなかなかのネーミングセンスです。

その上の「キャベツ倶楽部」も実は気になっていて、
合わせ技で撮ってしまいました。

もっともっとスナックやラウンジは自由なネーミングで、
注目を浴びてって欲しいなと思います。

次回ももちろん「越後湯沢編」をお送りします。
越後湯沢まで行ったので、そんな簡単には終わりませんよっ!

来週もお楽しみに。

2011年9月19日 (月)

もやもやパセリス~越後湯沢編~

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

さて今回からは再び東京を離れて、
「越後湯沢編」をお送りしたいと思います。

駅前の様子です。


ロータリーです。
天気があまりよくなくてスイマセン。

まずはこんなものもあるんだという写真をお送りします。
こちらの写真から。


歩行者用の信号です。

こういう横のタイプのものってあまり東京では見かけない気がします。
左が青で右が赤なんですね。

今までタテで見慣れていたものがヨコにだけで変な形に見える。
慣れってのは怖いもんですね。

続いてはこちら。


「こころ、真っ白」。

もちろん標語としては悪くはないし、
「心が洗われるくらい、いいところだ」ということも分かるのですが、

どうも「真っ白」という表現が、
ちょっとアブない方向を連想させてしまうんですよね。

本当に「こころ、真っ白」にしていいのかな、とか、
それって何も考えられなくなっちゃった状態なんじゃないの、とか、
思ってしまうのは考えすぎなのでしょうか。考えすぎですね。

来週も引き続き「越後湯沢編」をお送りします。
お楽しみに。

2011年9月 5日 (月)

もやもやパセリス~狛江編~vol.5

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回は「狛江編」のおまけの2枚。
先週はなんか腹の立つ読み方ができる張り紙を紹介したところまででした。

さて、おまけの2枚中、1枚目はこちら。
とある路上にて。


アパートの入口のところに白い物体が。

どうやらA4サイズの白い紙が落ちているようです。

風に吹き飛ばされず、コンクリートに張り付いている白い紙。
雑草に挟まれたこの白い紙には、文字が書かれていました。

何が書かれているのか覗いてみると、
おまけの2枚中、2枚目。


「新しい上履きです。」

誰の!?

誰の、誰に対してのメッセージだったのでしょう。

紙の上に何もないことを考えると、
無事「新しい上履き」は回収されたのでしょう。よかったよかった。

いやいや、とはいえ、なんていう受け渡し方法なんでしょうか。

せめて上履きを回収したのならば、
この伝言の紙も持って帰って欲しかったものです。

どうしても紹介したかったおまけの2枚でした。

これで「狛江編」は終了です。
次回はどこをぶらつきましょうか。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ