« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

もやもやパセリス~赤坂編~vol.3

佐々木です。
遅ればせながら「もやもやパセリス」をお送りします。

今回は「赤坂編」の最終回をお送りします。
前回はTVに30回ほど出演したシェフがいるお店を紹介したところまででした。

続いてはこちら。


階段そのものは引きずり下ろせません。

でも他にどんな言いまわしがあるでしょうか。

階段「では」引きずり下ろさないで?
階段「においては」引きずり下ろさないで?

うーむ。
なかなか日本語は難しいです。

でも今のままだと階段自体が引きずり下ろされることになってしまいます。

最後はこちらの写真から。


「喫茶室 シリウス」。

下の「ひとくち茶漬け」も「もやもや」的には気になりますが、
まぁ、普通の喫茶店というか「喫茶室」です。

ただ、実は赤坂にもう一つ「シリウス」という名のお店があったのです。

それはなんと「やきとり屋」でした。

こちら。


いやいやいや。

当て字にもほどがある。

「シリウス」の頭をどう考えても「尻」にしちゃダメでしょ。

普通に漢字の意味だけ考えたら、
「お尻の臼」ですからね。
やきとり屋の名前としてもおかしいし。

あ、ちなみに「シリウス」とは「おおいぬ座のα星」の名前だそうです。

「赤坂編」はこれでおしまいです。
次はどこをぶらつきましょうか。

2011年2月21日 (月)

もやもやパセリス~赤坂編~vol.2

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も先週に引き続き「赤坂編」をお送りいたします。
前回はおじさんマークの看板を見つけたところまででした。

続いてはこちら。


「サムギョプサル セット」の普通の食べ方です。

サムギョプサルとは焼いた豚肉・野菜などを、
葉野菜に巻き込んで一気に食べるという料理ですが、
確かに写真では「普通の食べ方」のようですが・・・、

こちら「新しい食べ方」です。


・・・ん?どういうこと?

文章の説明がなく、写真だけなのでまったくわかりません。

葉野菜を使っているところは同じですが、
薄くスライスしてあるかないかの違いでしょうか。

何が「新しい」のかが非常に「もやもや」します。

続いてはこちら。


文章を全て写るように撮ったら、字が小さくなりました。
こう書いてあります。

「※TVに30回ほど出演した。韓国料理の達人が直営する店!!」

30回という数字はかなり多い方だと思いますが、
TVの出演回数を数えて数字で出しちゃうってのが、
どうもイヤらしい感じに聞こえてしまいます。

しかも、この文章、拡大してみると、


「TVに30回ほど出演した。」

途中で文章が終わっているという「もやもや」もあったり。

来週も「赤坂編」をお送りします。
お楽しみに。

2011年2月14日 (月)

もやもやパセリス~赤坂編~

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回からは、前回の「赤坂見附編」からほど近い、
「赤坂編」をお送りしたいと思います。

赤坂見附からは歩いて行ける距離の赤坂。
同じく高級なイメージがする場所ですが、
「もやもや」はあるのでしょうか。

駅前の風景はこちら。


建物からもどこか高級な感じがしています。

では「赤坂編」1枚目はこちら。
焼き鳥屋の前にあった張り紙です。


おそらくこの張り紙は、
何本食べたらこれぐらいになるという、
お客さんにとっては優しいはずの張り紙なのですが、

よくよく計算してみましょう。

8本食べて、3,280円だと1本あたり、410円。
10本食べて、3,840円だと1本あたり、384円。
15本食べて、5,240円だと1本あたり、349.33333・・・円。

下に何が書いてあるって、
「一串 280円より」。

もうどんな計算をしていいのかまったくわからないのです。
結果、優しくない張り紙になってしまいました。

続いてはこちら。
とあるビルの看板です。


地下1階から4階までのお店が紹介されています。

下から順に追ってみると、4階に気になるマークが。
4階、何のお店なのでしょうか。

クローズアップしてみます。


・・・誰?

おじさんの顔が3つ並んでいるだけの店名という、
分かる人にしか分からないであろうお店。

何か暗号というか、語呂合わせのようなものがあるのでしょうか。
「おじさん」が3つ並んでるから「おじ3」?

まったくもって謎です。「もやもや」しますね。

さて、来週も「赤坂編」をお送りします。
お楽しみに。

2011年2月 7日 (月)

もやもやパセリス~赤坂見附編~vol.3

佐々木です。
2週間ぶりの「もやもやパセリス」まいりましょう。

今週は前回に引き続き「赤坂見附編」をお送りします。
前回は「侵入泥棒」について考えたところまででした。

さて、今日はマッサージについて考えてみます。

赤坂見附駅周辺には、たくさんのマッサージ屋さんがありました。
その中には、ちょっとやりすぎなんじゃないかというものも。

1枚目はこちら。


めちゃくちゃ身体を反らされるパターン。

「んーーーっ!」という声を我慢しているのが写真からも分かります。

何より、写真の右下、マッサージしている人の顔を見ると、
めちゃくちゃ笑顔じゃないですかっ!

「楽しくて気持ちいいですよ」感を出しているのかもしれませんが、
フォルムのインパクトが強すぎます。

そしてこういう看板もありました。


もう分け隔てなく踏まれるパターン。

確かにこういうやり方もあるのだと思いますが、
完全に腰の上に乗っているインパクトったらありません。

看板では足から下しか見えていないので分かりませんが、
果たしてどれぐらいのスタイルの人が乗るのか。

施術者は間違いなく大人なわけですから、
たとえ痩せていたとしても結構な重量。

逆に腰を痛めないかがかなり心配になってきます。

「赤坂見附編」は今週で最終回です。
来週はどこをぶらつきましょうか。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ