« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月21日 (月)

もやもやパセリス~大久保→新大久保編~vol.4

佐々木です。
今週も「もやもやパセリス」まいりましょう。

引き続き「大久保~新大久保編」。
今回で4回目、残すはあと2回となっております。

前回は「タキシード」という「背広」を見つけたところまででした。

続いての写真はこちら。
「劇場版」でもご紹介した写真です。

1枚目。


有名人が来店したとのことで、有名人の名前と写真が貼ってあります。

2枚目。


なかなかいろんな人が来ているようです。
大久保なんかは有名人がよく来る場所なのでしょうか。

と、一つ違和感を見つけました。

3枚目。


「内山くん」。

なぜに彼だけ愛称なんでしょうか。
「内山信二」という名前がありながら「くん」付けで呼ばれる。

それならみんなも「さん」ぐらいつければいいのに。

さて、続いての写真はこちら。
「もやもや」だらけのメニューです。


お酒のメニュー表示だと思うのですが、

一番上は・・・「七夕」?
2行目は「生ピール」?「ビール」じゃなくて?
しかも「チューハイ」と「中ジョッキ」をかけてるのかなこれは。

そしてサワーにいけば「グループフルーシ」があって、
「ウーロンハイ」の「ハ」がくっつきすぎてて、
「ウーロンヘイ」に見えます。

1枚にこんな盛りだくさんなのは「もやもや」でも久しぶりです。
さすがです。

さて、来週と再来週は佐々木が客演先の本番があるということでお休み。
その次の週に「大久保~新大久保編」の第五回目をお送りします。

お楽しみに。

2010年6月14日 (月)

もやもやパセリス~大久保→新大久保編~vol.3

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

今回も「大久保~新大久保編」をお送りします。
前回は、和韓折衷の美容室を見つけたところまででした。

さて、今週の1枚目はこちら。


「営業時間 上海大開蟹」。

後ろの方にある「上海~」はメニューなんでしょうか。
「蟹」とつくぐらいですから食べ物なのでしょうか。

でも何より、
なんで営業時間の後にその紙を貼っちゃったのでしょうか。

続いてはこちら。


「背広上下」の写真なのですが、
なぜにこの写真を使ったのかと。

確かに「背広」という意味では合っているのかもわかりませんが、
なぜにタキシードで蝶ネクタイなのかと。

コリアンタウンのような商店街の中にあったのですが、
韓国では「背広」はタキシードなのでしょうか。

次回も引き続き「大久保~新大久保編」をお送りします。
来週もお楽しみに。

2010年6月 7日 (月)

もやもやパセリス~大久保→新大久保編~vol.2

佐々木です。
本日も「もやもやパセリス」まいりましょう。

引き続き、「大久保~新大久保編」をお送りいたします。
前回は著作権を超越したカラオケボックスを見つけたところまででした。

続いてはこちら。
「劇場版」でも紹介した写真の1枚目。


「居酒屋ふじのビーフシチュー」。

今上(きんじょう)天皇も召しあがったということで、
かなり大きく銘打っています。

続いて2枚目。
下線部をご覧ください。


「旨い、安い、ボリューム」。

・・・ボリュームが何なのかと。

「旨い」と「安い」が形容詞の一方で、
「ボリューム」だけが名詞で終わっている。

なんとももやもやする看板です。

続いての写真はこちら。


もう何て読むのか分かりません。
「美容室」は韓国でも「美容室」なのでしょうか。

和洋折衷ならぬ、和韓折衷。

日本の人は「美容室」の前が読めないし、
韓国の人は「美容室」が読めない。
ミックスは必ず成功するとは限らないものですね。

さて、次回も「大久保~新大久保編」をお送りします。
お楽しみに。

2010年6月 1日 (火)

もやもやパセリス~大久保→新大久保編~

佐々木です。
更新が遅れて申し訳ありませんでした。

今週も「もやもやパセリス」参りたいと思います。
今週からは「大久保~新大久保編」をお送りしたいと思います。

大久保と新大久保と言えば、
中国や韓国など東アジア系の人が多く住んでいる地域と言われています。

大久保駅前の風景です。


高架下に改札があり、さっそく下町な雰囲気を醸し出しています。

さて、まず最初の写真はこちらから。


「禁煙タイム」。
肝心の「禁煙タイム」が書かれていません。

しかも学生部長という、
もしかして学年が上がるごとに毎年変わるんじゃないかという地位の人が、
「禁煙タイム」を提言しているのも面白いですね。

左上の破れている部分が何かかも気になります。

続いてはこちら。


「カラオケスナック 和光」。
看板の真ん中にあるのは、かの有名な・・・。

中国系のお店が並ぶ大久保ならではの看板。
著作権とかはひとまず置いておこうという姿勢が見えます。

右下の、たぶん「B1」であろう表記も見逃せません。

次回も「大久保~新大久保編」をお送りいたします。
来週もお楽しみに。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ