« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

もやもやパセリス~吉祥寺編~

佐々木です。
ワークショップの情報はこちら。

さて、本日は「もやもやパセリス~吉祥寺編~」をお送りします。

今回は明日のネットラジオの収録もはさむということで、
3回に分けてお送りしたいと思います。

さて、今まで新宿・下北沢・六本木と歩いてきましたが、
本日は「区」を飛び出して「市」へと参ります。

吉祥寺駅を出たところ。

去年頃にヨドバシができるなど意外と発展しているのです。

と、さっそく面白いものを見つけました。

「レンタルデンワ」なんてものがあったんですね。

今や携帯が主流になっている時代で、
デンワを貸してくれるというサービスがあったことは驚きです。
そして、月々いくらなんでしょうか。

続いてはこちら。

「素敵な出逢いの予感」というフレーズもどこか気になりますが、
何より気になるのは、
「美容室オープン」と書かれているその後ろには、
思いっきり「理容室」のあのぐるぐるが置かれているのです。

じゃあ「理容室オープン」ではないのかと。
隣に並んでいるわけじゃありません。
本当に「理容室」が「美容室」オープンという名前を掲げていたのでした。

やっぱり六本木とは別の面白さがありますね。
明日のネットラジオを挟んで、vol.2、vol.3とご紹介していきます。

2009年1月22日 (木)

もやもやパセリス~六本木編~vol.2

佐々木です。

今日は雨ですね。
雨だと写真が命の「もやもや」は全然機能しません。
せめて、週末の天気ぐらいは晴れて欲しいもんです。

ということで、「もやもやパセリス~六本木編」つづきです。
この前は階段の途中にあるなかなか横柄な自動販売機の看板を見つけたのでした。

そんな中、まず六本木にいって行きたいところといえばこちら。

テレビ朝日。

番組関係のグッズやキレイな番組のポスターが貼ってあり、
テレビっ子の私には少しテンションの上がる場所です。
でも、全然「もやもや」していないのでスルーです。

と、再び歩いていくと、本家「もやもやさまぁ~ず2」にも出ていたものを発見。

出雲大社の東京分祀が六本木にあるって知ってましたか?

東京のはずれにこっそりと建つ出雲大社。
今年1年の健康をお祈りしましょう。

さて、六本木編ラストを飾るのはこちらの写真。

一見何気ないバイト募集のチラシなのですが、
拡大して下線の部分を見てください。


こ、これは、アンパンマンのマーチ的文章ではないですか。
「愛と勇気だけが友達さ」ならぬ、
「その熱い想いだけを握りしめて、今すぐご応募ください」。
熱い想いだけを握りしめた人が書いているような文章でした。

さて、次はどこに行きましょうか。

あ、ちなみに、ブログのテンプレート変えてみました。
昔の記事が検索しやすくなりましたのでぜひご利用ください。

2009年1月19日 (月)

もやもやパセリス~六本木編~

佐々木です。
久々の「もやもやパセリス」。
本日は「六本木編」です。

待ち合わせで有名なアマンド前からまずは出発です。


実はつい最近、
本家の「もやもやさまぁ~ず2」でも「六本木編」をやりまして、
「芋洗坂係長」の命名の原点となった芋洗坂とか。


ここの靴屋に行ったりとかしていました。


六本木にはやっぱりおしゃれな飲み屋が多いということで、
バーの形も様々です。

真ん中の「探偵Bar Answer」が物凄い気になります。
ここにくれば答えはあるよ、とか、
探偵が本業なのか、バーが本業なのか分からない感じがいいです。

お酒を飲みながら探偵の依頼を聞く。
それは飲み屋で愚痴を聞いているのと一緒ではないか。

続きまして、こんな看板。

この看板、実は階段の途中にありました。
つまり「(看板はここにあるんだけど)自動販売機は左右にあるので買ってください」の意。
看板のくせに「買ってください」とはなんて横柄な。
でも100円だから許します。

六本木はやっぱり「もやもや」したものは少なかったですが、
vol.2へ続きます。

2009年1月 3日 (土)

もやもやパセリス~下北沢編~vol.2

あけましておめでとうございます。
2009年もよろしくお願いいたします。
皆さんはどのようなお正月をお迎えでしょうか。

さて、引き続き、
「もやもやパセリス~下北沢編~」です。

前回は誰だか分からないシェフの名前が書いてある看板をご紹介しました。
果たしてこのローカルぶりから脱却できるのでしょうか。

とあるマンションで見つけた看板です。
最近は駐輪禁止に関してもかなり厳しい規制になっているようですね。

「無断駐車を見つけ次第、公道に出します」。

ただ持ってくだけじゃなく、
危ない目にしちゃうよ感がとてつもない。
公道に出したら車の邪魔とかしてめんどくさいなー。

下北沢最後を飾るのはこの看板。

ちなみにこのお店に行ったのは午後だったのか、
店のシャッターは閉まっていました。

看板の下にある、
「歌いにきてよ!!」がたまらなく哀愁漂っています。
けどどんなに設備がよくても、
多分とちっちゃうんだろうなー。

さて、次回はどこをぶらつきましょうか。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ